巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

「鋼血の姫甲士 ~花の章~」第1話「誕生! ドールピンク」1章 | main | オメガスレイヤーズ 第1話「ウエノ動乱」サンプル③
りょなけっと8に参加しましたw

9月24日、行ってきました「りょなけっと8」(*´▽`*)
初めて参加したこのイベントのレポートを、今回は書かせていただきます。その代わりといってはなんですが(^^ゞ、「お気に入りヒロインを語る」コラムはお休みということで・・・どうぞよろしくお願いいたします。

リョナ界隈に関わる方なら、一度は聞いたことがあるのではないか、と思われる「リョナオンリー即売会」=りょなけっと。
これまで即売会というと、コミケしか参加したことないので(しかも自分自身がサークル主となるのは、今回が初めて)、ドキドキしながら、かつ「まあコミケとは違うので気楽な面もあるよねw」とどこかのんびりした気分で東京へと向かったわけですが・・・

まず会場に向かうと、主催者の方と思しき男性が「あ、参加者の方ですか?」と気さくに声を掛けてくださいました。しかも、会場へ向かうエレベーターまで誘導してくれる親切ぶり。

あれ、なんだろう? リョナという性癖からは、想像もできない親切丁寧な応対なんですけど(*´▽`*)

・・・と、会場の雰囲気はとてもいいものでした。コミケでもそうですけど、こうした即売会で嫌な想いをこれまでしたことないですねw
ボクはロックバンドの追っかけみたいなこともしてるんですが、ライブハウスへいくと、たま~~に嫌な想いをすることがあるんですよね~。ステージ上の演者は素晴らしいんだけど、スタッフさんの対応とか、ファンの振舞いとかで、残念な気持ちになることが何度かありまして。
そこへいくと、創作関連のイベントは、かなり参加者のマナーがしっかりしていますよね。根底に「このイベントを成功させたい・楽しみたい」という想いが、強いのが理由かと思っていますが。

会場自体も適度なスペースでしたし、古い建物であるのは否めませんでしたがw、かえって気楽に過ごせた気がします。設備の面での不満は、一切ありませんでしたし。
コミケと違って、とんでもない混雑がないのは、やっぱり快適でしたね~。ああいうビッグイベントのお祭り騒ぎもいいですが、このまったり感はかなり心地よかったですw

さて、サークル参加であるボクは、ひと足先に入場して設営を開始したんですが・・・その時点で、驚いたことがひとつありました。

女性の参加率が、すごく高い!!

噂で「リョナは女性も多い」とは聞いていましたが、いや~~・・・ビックリしました。マジで半分くらいのサークルは女性主催だったんじゃないですかね。
一般参加者の方は、やはり男性が多いんですけど、それでも女性もけっこういらして・・・少なくともコミケよりも、確実に女性比率は高いと思います。そして、美人やカワイイ子も多い(*´▽`*)

なんでしょう、ボクのこれまでの創作活動は、常に男性に囲まれていたイメージでしたが・・・あれは幻だったのかw

会場全体、半分は男性サークル、もう半分は女性サークル、といった感じでまとまっていたので、各サークルさんを巡ってみると、なんとなく傾向の違いみたいなものが見えてくるんですが・・・
女性サークルさんは、リョナの「破壊美」のようなものがテーマになっている印象がありました。
ボクの場合は「闘うヒロインが敗北してリョナを受ける」といった過程とかストーリーを重視しているわけですが、同じような作風は男性サークルさんが多いような気がします。
もちろん男性サークルさんにも「破壊美」をテーマにしているところはありますが、女性サークルさんでストーリー重視なところは限られている印象でしたねえ。

男性、女性の違いに限らず、会場を見渡すと、リョナといってもかなり幅広く嗜好が分かれている感じで・・・改めてリョナの間口の広さを実感しましたねw
元々リョナは格闘ゲームでの女性キャラの敗北ぶりからスタートしている、なんて聞きますので、「闘うヒロインが負けてリョナられ・・・」みたいなサークルさんが多いかと思いきや、案外少ないのがちょっと意外でした。

しかし、いざ即売会が始まってみると、これがビックリするほどの盛況なんですよ!

いきなり会場の外にまで列ができる人気サークルさんもあって・・・もっと、まったり、のんびりした印象を持っていたボクは、かなりたまげましたね~w
ですので、開始1時間くらいは熱気ムンムンで(古い表現w)、コミケと遜色ない盛況ぶりでしたw
唯一、今回個人的に申し訳なかったのが、この時間帯に来てくださった、古くから応援いただいているSさん(ご本人の許可を確認していないので、イニシャルにさせてもらいますね)・・・もっとのんびりムードをイメージしていたんですが、想定以上の会場の熱気に、ゆっくりお話しできませんでした(-_-;) わざわざ来てくださったのに、申し訳なかったです。

逆に午後は、予定通りのまったりムードだったので、この時お越しくださった皆さんとは、気兼ねなくゆっくり話せました(^^ゞ
こうした部分はひとつ反省というか、いい勉強になりましたね。

今回初めてお会いできた方、これをきっかけにツイッターでフォロワーになれた方、おなじみの方々など、コミケ以上に多くの皆さんとお話しできたのは、やっぱり即売会の一番の魅力ですねw
ファントムガールの時代から知っている、と仰る方もいらして、感動しちゃいました(^^ゞ

最初にドカーンと大きな人波がきて、午後になったらまったりムード、そして終盤はサークル参加の皆さんがそれぞれ回る・・・といった感じでしたが、ボクもいくつか戦利品をゲットいたしましたw やはりというか、コミケよりも興味を引く作品が多いのも、さすがはりょなけっとですw

あと、これはなんとなく、ボクが感じていることなんですが・・・初めてボクの作品を知ったのに、ご購入いただいた方が、コミケよりもりょなけっとの方が多い印象がありました。
本来は小説なので、初めて知った、という方が購入にまで繋がるのは少ないんですけど・・・見本誌に目を通された方で「買います」といってくださる比率が、断然コミケより高かったです。これはやはり、リョナで通じているが故、かな~とw

ファンの拡大というか、名前を広めるという意味では、りょなけっとはコミケ以上にボクには向いているかもしれませんね(*´▽`*)
今回は予定をしっかり決めずにいたため、打ち上げの参加も見送ったんですが、次回以降は交流をもっと深めていく必要も感じましたね(^^ゞ
ファンティアを始めた影響もあって、製本がかなり厳しいのは確かなんですが、来年以降もりょなけっとへの参加を前向きに考えていきたいです。

ちなみに売り上げの方は、用意した冊数が5冊余りましたが・・・商業的には完璧といっていい結果ではないかと(^^ゞ(欲しい方に過不足なく渡った、という意味では、完売よりもちょっと余る方が理想なのです・・・いや、ホントにw 負け惜しみとかじゃなくてw)
ご購入いただいた皆さん、改めてありがとうございました。本当に感謝、感謝です。
願わくば、今回のブルリフ本をきっかけにお見知り置きいただければ幸いです(^^ゞ

あ、さらにちなみに申しますと、今回のブルリフ本は、近々とらのあなさんにて委託販売する予定です。
その後はDL販売も考えていますので(内容は同じです)、即売会への参加が難しい方は検討いただければ有り難いです(^^ゞ
ブルリフ知らない、という声もちょくちょく頂きますが、そんな皆さんは岸田メルさんのキャラだけ見てイメージを膨らませてもらえればw 
内容は本のなかで説明していますので、「あんなカワイイ子がこんな目に・・・」と思っていただくと、きっとお楽しみいただける・・・はずですw

参加者の皆さん、主催者の方々、お疲れ様でした~(*´▽`*)
スポンサーサイト
| 創作活動 | 00:23 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kusamune.blog45.fc2.com/tb.php/442-525d0e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク