巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

まさか!だからこそ | main | ボウケン開始
女子フィギュア
トリオ五輪金メダル記念、というわけで話題の女子フィギュアについての感想など。もう全然本来の創作活動とは掛け離れた話題ですが・・・

まずは荒川選手、金メダルおめでとうございます。今回ようやくのメダル、それも金ということで朝仕事前の支度中に大感動させていただきました。アジア初、というのも凄いことですが、なにしろフィギュアでのメダルは凄いですよ。数ある種目のなかでも冬季を代表する人気種目だと思いますから。この金は重みがありますね。

村主選手の表情も素晴らしかったなあ。もはや女優ですよ。演技、という意味では他選手を圧倒してますね。ワールドに引きずり込む、特別な選手です。

安藤選手はあのSPの順位を受けての4回転挑戦はいい判断だったと思いますね。惜しくも成功はなりませんでしたが、過度の注目を浴びるなかでの頑張りには拍手を送りたいです。それにしても美姫という名前はいいなあ。

しかし代表選考に関しては、ボクは若干不満があったりしまして。とうに過ぎ去ったことではありますが、明らかに調子が下降気味の安藤選手より浅田真央選手や中野選手の方が実力は上だったと思うんですけどね。(まあ、浅田選手に関してはルールの壁がありますが、もし出場していたら日本の1,2も有り得たかもしれません)もちろん安藤選手に責任はなにもありませんし、むしろこの数年のフィギュアフィーバーを支えた第一人者としての役割を思えば、出れて良かったね、という気持ちはあるのですが、協会の態度にはどうも嫌悪感を感じてしまいます。なにしろ城田監督は「安藤は普段の練習から厳しいと思っていた」なんて言ってたみたいですから。じゃあなぜ選んだ?という感じです。

それはともかく、女子フィギュアの面白さのひとつに、注目を集めいろいろな情報が広まることで、見る側に知識がついた、というのが大きな要素としてあるように思います。

これは他のスポーツについても言えることですが、細かい情報をしればしるほど観戦は楽しくなると思うんですよ。例えば相撲でもただ見るだけよりも、魁皇は右の上手を取ったら天下無双、とか栃東が下からの押しを見せれば横綱も倒せる、などの情報を知れば立会いひとつ見るのでも面白さが増します。今回カーリングを見たひとは、面白さを知ったのではないでしょうか。競技のルール、選手たちの個性、得意技を知れば知るほどスポーツ観戦は面白くなるものだと思います。

その点女子フィギュアは選手に個性がありますよね。
例えば荒川選手は天才肌だけどムラがある、とか、得意技はイナバウアーとか、そういう情報を知っているので見るのにも興奮が出ます。安藤選手の4回転や村主選手の高速スピンなどの得意技も、出てくるだけでオオっと思いますしね。まるでウルトラマンのスペシウム光線ですよ。

ボクのやってる創作活動においても、この心理は利用できると考えています。
ファントムは長い話なので途中で飽きてしまわれる方もいらしゃるかもしれませんが、情報が多く提示できるため、キャラの個性や得意技を読んでくださる方に楽しんでもらえるのでは、という想いもあったりします。

特にボクはけっこう必殺技には思い入れがあるんですよね。このキャラといえばこれ!という技ができるよう、心がけているつもりです。
そのために、なるべく新しい技を作るのではなく、ひとつの技を大事に使うようにと考えています。
この辺はプロレス好きだったことと関係しているかもしれませんね。

しかし、見事に話がズレましたね(^^ゞ
スポンサーサイト
| 雑感 | 01:21 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kusamune.blog45.fc2.com/tb.php/14-a972ced2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク