FC2ブログ
巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

「鋼血の姫甲士 ~花の章~」第2話「ドール殲滅計画」2章
 2、青の惨劇
 
 
「シーヴァ。お前のカメラに中継を接続しろ。全世界の人類に、特等席からの視点でドールブルーの処刑シーンを楽しんでもらおうではないか」

「わかりました、ドクター」

 青色のドラム缶、といった破壊者シーヴァの胴体内部で、レンズがギラリと光を放った。シーヴァの体内には様々な工具や道具が隠されているが、カメラもあったことをツバサは知る。
 元テレビ局の屋上。十字架に磔にされたドールブルー・ツバサは、『ネクスター』の機械生命体にぐるりと周囲を囲まれていた。
 
 あと2時間で、公開処刑される――。
 敵の宣言を聞きながら、ポニーテールの少女戦士は己の最期を覚悟していた。
 iドールになったときから、命は捨てたつもりでいる。この場所、『ネクスター』のアジトに乗り込んだ時には、その覚悟は改めて胸に刻んでいた。
[「鋼血の姫甲士 ~花の章~」第2話「ドール殲滅計画」2章]の続きを読む
スポンサーサイト



| 鋼血の姫甲士 | 09:08 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム |

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク