巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

オメガスレイヤーズ ~カウント5~ 最終話 カウントゼロ。始まりの終わり③
 5、オメガヴィーナス
 
 
 立てッ!!
 
 祭壇の床に這いつくばりながら、四乃宮郁美は我が肉体を叱咤した。立て。起き上がれ。ブザマに転がっている場合じゃない。
 
 怪老・骸頭が発射した、極太の緑の光線が一直線に走る。我が姉・天音へと。白銀のスーツと紺青のフレアミニ、そしてプラチナブロンドの髪を輝かせた究極戦士に、トドメの一撃が迫っている。
 
 郁美の脳裏に蘇る、残酷な記憶の断片。
 そう、藤村絵里奈は・・・蒼碧の水天使オメガセイレーンは、あの〝オーヴ”のレーザーキャノンを喰らって瀕死の姿に追い込まれた。たとえ最強とされる光の女神であっても、効果は変わらないだろう。あれを撃ち込まれたら、さすがのオメガヴィーナスも「終わる」。
 そしてもうひとつの記憶。それは、父と母が、惨殺された日のものだった。
 
[オメガスレイヤーズ ~カウント5~ 最終話 カウントゼロ。始まりの終わり③]の続きを読む
スポンサーサイト
| オメガスレイヤーズ | 02:37 | トラックバック:0コメント:8
| ホーム | 次ページ

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク