巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

最終話 東京終末戦 4章―3
 
「ッッ・・・ウソ・・・よッ・・・!!」

 ガクガクと震えながら、懸命にアリスは身体を起こす。
 鳩尾には穴が開き、複数のコードが引きずり出されて、火花を散らしていた。機械と、クローン細胞でできた肉体。とはいえ、そのダメージが深刻でないわけがない。
 無理な放電によって、極端に電圧がさがったサイボーグの身体は、立つのがやっとの状態だった。
 それでもファントムガール・アリスは、立たねばならない。
 盟友の少女戦士は今、動かなくなったのだから。
 
「ナナッ・・・ファントムガール・ナナッ!! あんたが死ぬわけがないッッ・・・!! こんなところでッ・・・死ぬわけないでしょオオオッッ!!!」

「ガアアアアッッ―――ッッ!!! ギュゴオオァアアッッ~~~ッッ!!!」

[最終話 東京終末戦 4章―3]の続きを読む
スポンサーサイト
| ファントムガール | 21:17 | トラックバック:0コメント:5
| ホーム | 次ページ

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク