巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

最終話 東京終末戦 3章―4
 
 ―――死ぬ。
 
 直感的にゲドゥーは思った。破邪剛矢。ユリアの体長ほどはあろうかという、巨大弓の一撃。
 弾道ミサイルと見紛う光の矢が、一直線に唸り迫ってくる。
 食らえばひとたまりもないことは、考えるまでもなかった。暗黒瘴気による防御膜など、なんの役にも立たない。
 空気を切り裂く、という表現があるが、そんな生易しいものではなかった。空気を抉り進み、力づくで掻き分ける。標的となったひとつ眼凶魔目指して、遮二無二、剛矢は突き進んだ。
 
 グオオオオオオオオオッッ!!!!
 
[最終話 東京終末戦 3章―4]の続きを読む
スポンサーサイト
| ファントムガール | 23:48 | トラックバック:0コメント:8
| ホーム |

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク