巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

最終話 東京終末戦 1章―3

 左腕ひとつでハンドルを握る青年は、あてもなく国産の四駆車を走らせていた。
 陸上自衛隊特殊国家保安部隊所属、坂本勇樹一尉。
 非常事態ゆえ、キーをつけたまま車道に放置された自動車は、いくつでもあった。そのなかから選んだレガシー・フォレスターが、ここ数日の彼の足代わりとなっている。
 
「坂本よォ~、一体お前さんは、これからどうするつもりなんだい?」
[最終話 東京終末戦 1章―3]の続きを読む
スポンサーサイト
| ファントムガール | 00:28 | トラックバック:0コメント:12
| ホーム | 次ページ

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク