巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

第十三話 東京鎮魂歌 第5章―6
 
「・・・きッ・・・さまァァッ・・・!!」

 ズキズキと背中が疼く。
 突如、出現した刺客は、牙を剥き出しにして笑っていた。馴染みの深い、女豹の顔。下卑た表情が、以前からずっとメフェレスは気に入らなかった。
 
「アハ♪ あはははははッ!!」

 気を、抜いた。
 マヴェルの指摘を、魔人は噛み締めていた。その通りだ。最後の守護女神、ナナの死がほとんど決定的になって、メフェレスは狂喜に溺れた。
 だが、最大の誤算は、いまだ『闇豹』が深い憎悪を抱いていた事実―――。
[第十三話 東京鎮魂歌 第5章―6]の続きを読む
スポンサーサイト
| ファントムガール | 20:47 | トラックバック:0コメント:9
| ホーム |

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク