巨大変身ヒロインのオリジナル小説を書いている草宗の独り言をつぶやくブログです。

草宗の書斎

第十三話 東京鎮魂歌 第3章―2
 ドオオオオオオッ―――ッッッ!!!
 
 巨大生物の群れに飛び込んでいく、銀と青色の弾丸。グラマラスな守護天使が肉の壁に激突した瞬間、衝撃が大地と秋空を揺るがす。
 二匹、三匹・・・宙を舞う、50mを越える巨獣たち。
 純粋なパワーのみで、ファントムガール・ナナは救出への道を遮るミュータントの群れを吹き飛ばしていた。もとよりの身体能力の高さに加え、敬愛する先輩を穢されることへの怒り。その力はとても急造のミュータントに太刀打ちできるものではない。
[第十三話 東京鎮魂歌 第3章―2]の続きを読む
スポンサーサイト
| ファントムガール | 23:06 | トラックバック:0コメント:6
| ホーム | 次ページ

プロフィール

kusamune

Author:kusamune
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク